あなたのヘルメット大丈夫ですか?

posted in: 未分類 | 0

ヘルメットの買い替えの時期の目安、当店では「使用開始後3年」を目安に買い替えしていただくことをおすすめしています。
これはヘルメットメーカー「OGK KABUTO」が提示しているヘルメットの使用期間に基づいています。
ヘルメットの構造は大まかに「シェル(外殻部分)」「ライナー(衝撃力を吸収する緩衝材の役目)」「あごひも(転倒時等にヘルメットを保持するため)」になっています。
この中で、最も命に関わってくる大事な部分が「ライナー」部分です。
「ライナー」部分は、主に発砲スチロール素材なのですが、色々な要因で徐々に材質劣化が起こります。
サイクリングは屋内で行うスポーツなので、紫外線や雨、土などの自然環境はもちろん、使用者本人の汗や皮脂なども劣化の原因になります。人それぞれに使用頻度、取り扱い状況、保管状況が違うのではっきりとした耐用年数を決めることはできませんが、劣化しているヘルメットを使い続けていては、万一のアクシデント時に十分に保護性能が発揮されない場合があります。
それで、目安として「使用開始から3年」と設定されているのだそうです。
古くなったヘルメットはずっと使い続けず、3年をめやすに交換するようにしましょう。

当店では、使用中のヘルメットを下取りさせていただいた場合、新しいヘルメットを割引価格でご提供させていただきます。
ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です